• TOP
  • 即日50万円融資

借入前にキャッシング・カードローンの検討を忘れずに!

即日で50万円の借入をする場合、キャッシング・カードローンどちらで借りるとよいのでしょうか?
選ぶ基準は、月々の返済額や利息を考えることが重要です。どちらで借入するか考える際には、キャッシング(一括払い)・カードローン(分割払い)どちらの方法も一度検討してみましょう。

銀行のカードローンを利用するとよい場合は、安定して高い年収がある方です。
銀行での借入は、融資限度額が高いほど利率が安くなる傾向にあり、年収が高い方は、高い限度額の中で少額を借入すると金利が抑えられるメリットがあります。

【即日で50万円融資可能な主な金融機関一覧】

会社名 金利 無利息期間 即日融資 審査時間 融資 パート・
アルバイト
学生
三菱東京UFJ銀行 4.6~14.6% × 最短30分 最短申込当日 ○※1 ○※1
三井住友銀行 4.0~14.5% × 最短30分 最短申込当日 ○※1 ○※1
じぶん銀行 2.4~17.5% × 最短30分 最短申込当日 ○※1 ○※1
イオン銀行 3.8~13.8% × 最短30分 最短申込当日 ○※1 ○※1
ジャパンネット銀行 2.5~18.0% 最短30分 最短60分 ○※1 ○※1
新生銀行 4.5~18.0% 最短30分 最短申込当日 ○※1 ○※1
プロミス 4.5~17.8% 最短30分 最短60分 ○※1 ○※1
アコム 4.7~18.0% 最短30分 最短60分 ○※1 ○※1
モビット
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
3.0~18.0% × 10秒簡易審査 最短申込当日 ○※1 ○※1
アイフル 4.5~18.0% × 最短30分 最短申込当日 ○※1 ○※1
オリックス 3.0~16.8% × 最短30分 最短申込当日 ○※1 ○※1
セディナ 18% × 最短30分 最短申込当日 ○※1 ○※1

※1 各金融機関の基準にあう一定の収入が必要です。
注意:即日融資が可能かどうか、審査・入金までの時間は最短時間を表記しています。審査時間や融資までのスピードは契約内容や申込み時間などで変動することもありますので、その点はご了承ください。

上記一覧の金融機関で、即日50万円借りることのできる人の条件は以下です。
例:「三菱東京UFJ銀行」
◆安定した収入のある20歳以上で65歳未満の人
※下記に該当する人も可能
・パート、アルバイト(安定した収入が必要)
・学生(安定した収入が必要、また親の同意書が必要な場合もある)
・年金受給者(年金収入が必要、投資利用などの個人年金はNG)

※借入ができる人の条件は各金融機関で異なりますので、申込みの際はしっかりと確認してください。

サービスもお得に活用!

単に額面の利率のみで判断するのではなく、サービスのある消費者金融機関で借入をすると、お得に利用できることもあります。例えば下記のようなプロミスの30日間無利息期間がそれに該当します。


引用:http://cyber.promise.co.jp/APE00129.html

プロミスの場合、初めての契約する方に限られます。そのなかでも、Eメールアドレスの登録を行い、書面の受取方法を「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択した方が30日間無利息で利用できます。
30日間でキャッシングの基本である一括返済を行える方は、プロミスのような無利息期間サービスを行っている会社がおすすめです。

キャッシング・カードローンどちらを選択するにせよ、収入の状況、月々の返済額や利息をよく考えて、各金融機関の返済シミュレーションをしてみると、自分にあった借入方法がわかります。あわせて審査に通るかどうかお借入診断も、積極的に利用して最適な借入方法を見つけましょう。

即日50万円融資ページ一覧