• TOP
  • 即日300万円融資

キャッシングとカードローン、その違いとは?

今すぐにお金が必要な場合、どこから借りればいいのだろうかと迷いますよね。仮に、即日で300万円を借りたい場合、最初の選択の場面に遭遇します。それがキャッシングとカードローンです。
両者には返済方法に違いがあり、キャッシングは一括払い、カードローンは分割払いになります。少額の借入でしたら、一括払いで済むこともありますが、多額の借入だと返済金額を一括では到底無理といったように、用意できないなどの難点があります。
逆に、分割払いだと月々の返済額に利息がかかります。少額よりも多額の借入するほうが金利が低めになるというメリットがあります。

消費者金融と銀行、どっちが便利か

カードローンで借入する場合、消費者金融(ノンバンク系)や銀行(銀行系)で利用できます。消費者金融はアコム、銀行は三菱東京UFJ銀行を例に挙げて、融資限度額と実質年率を比較してみます。

アコム

融資限度額 実質年率
1~30万円 4.7~18%
30~100万円 4,7~18%
100~500万円 4,7~15%

三菱東京UFJ銀行

融資限度額 実質年率
10~50万円 14.6%
50~100万円 12.6%
100~150万円 11.6%
150~200万円 9.6%
500万円 4.6%

アコムでは、100万円以上からの借入をすると金利が低くなります。
そして、三菱東京UFJ銀行で100万以上の借入をする場合、上限額によって金利が変動します。業者のなかには利用者にとってお得なサービスを取り扱っているところもありますので、カードローンで300万円の借入ができる上に、お得なサービスがある業者の一部をみてみましょう。

会社名 無利息期間 最短即日借入 パート・
アルバイト
学生 審査(分) 入金までの
時間
プロミス 30 1時間
レイク × 60 30分
アコム × 30 1時間
ジャパンネット銀行 × 60 1時間
アイフル × 30 1時間

※審査・入金までの時間は最短時間を表記しています。契約内容や申込み時間などで変動することもありますので、その点はご了承ください。

上記表のなかから、アコムとジャパンネット銀行をピックアップして解説します。アコムとジャパンネット銀行では、借入した日から30日間は金利が0円になる”無利息期間”サービスがあります。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

○アコム
【対象条件】
 ・初めて利用される方
 ・20~69歳で、安定した収入と返済能力を有する方
 ・融資額が500万円まで
 ・返済期日を「35日ごと」で契約した方

アコムでは、契約をした日の翌日から30日間が金利0円の適応時間となります。また、インターネットや店頭窓口やATMなどで、利用者の都合にあった借入や返済ができます。

○ジャパンネット銀行
【対象条件】
 ・カードローンの契約済みで初めて利用される方
 ・20~69歳で、安定した収入と返済能力を有する方
 ・融資額が1,000万円まで

ジャパンネット銀行では、借入金額が300万円までなら収入証明書が原則不要です。
口座がない方でも、パソコンやスマートフォンで審査ができ、キャッシュカードを受け取ったその日から借入可能です。

返済で苦労しないためにも

何らかの事情でお金を借入する場合、やはり第一に困ってしまうのは返済です。業者ごとに取り扱っているサービスは異なるので、少しでも返済の負担を軽減できそうなものを利用しましょう。また、安心して利用できるように、賢く無理をしない返済計画を立てることも大事です。

即日300万円融資ページ一覧