金利が安い銀行系カードローン

一般的に、100万円をカードローンで借入する場合、ノンバンク系=消費者金融のカードローンでは金利が18.0%前後で、銀行系カードローンでの金利は14.0%前後です。この数字からわかるように、銀行系カードローンは金利が低いのが特徴的です。だからといってノンバンク系カードローンが高くて悪いというわけではありません。
もちろん、ノンバンク系にも優れた点はあります。例えば、無利息期間です。これはノンバンクにしかない魅力的なサービスなので、銀行系を選べばこのサービスは適用しません。
しかしながら、ノンバンク系カードローンでは融資金額が100万円になると収入証明書の提出を求められることがあります。書類の提出が面倒な方、ノンバンク系に抵抗がある方は銀行系カードローンを選ぶとよいでしょう。

利息を抑えるには無利息期間を活用しよう!

銀行系カードローンは確かに金利が安いのですが、ノンバンク系カードローンも負けていません。
上記でも述べたように無利息期間を有効活用すれば銀行系カードローンよりもお得に融資を受けることができます。
アコムやアイフルなどのノンバンク系カードローンで実施している無利息期間は、その期間内に完済できれば利息分を支払わなくていいという大変お得なサービスです。多くの会社は無利息期間を30日間に設定しており、仮にその30日間で完済できなくても、返済が少しでも進んでいればその分総利息を減らすことができます。期間内にボーナスや臨時収入があるなど、事前に返済計画が立てれるのであればお得に利用できるでしょう。

100万円借り入れ時のカードローン各社の比較

実際に銀行系とノンバンク系の3社を例に比較してみます。

会社名 金利 最小返済額 最小返済額の総利息 2年返済の総利息
三井住友銀行 14.5% 20,000 543,144 157,975
みずほ銀行 12.0% 20,000 413,395 135,612
イオン銀行 8.8% 14,546 396,441 94,220
アイフル 15.0% 26,000 371,743 163,668
アコム 15.0% 30,000 295,791 160,961
ノーローン 18.0% 30,000 381,353 191,240

三井住友銀行では月々の最小返済額で返済した場合、78カ月で完済、総利息は543,144円で他社と比べて高くなっています。2年返済にすると、月々の支払い額は48,249円、2年間の総利息は157,975円です。
みずほ銀行では100万円借りる際の金利は12.0%、最小返済額で返済すると73カ月で完済し、三井住友銀行より金利は低く、返済月も早く済みます。2年返済の場合、月々49,374円の支払いで、総利息は135,612円です。
イオン銀行は金利が安く設定されていて、最小返済額で返済すると完済まで97カ月かかりますが、総利息は396,441円と比較的低いです。2年返済でみてみると、毎月45,593円の支払い、総利息は94,220円で、ほかの銀行より圧倒的に低いのがみてとれます。

一方、ノンバンク系のアイフルは最小返済額が26,000円で、銀行系カードローンと比べて高いため完済まで53カ月と期間は短くなります。総利息は371,743円で、2年返済を考えると月々の支払い額は48,486円というように銀行系カードローンと大きな差はありませんが、総利息を見ると163,668円と若干高い印象があります。
アコムでは最小返済額が30,000円のため、44カ月で完済でき、その総利息は295,791円です。2年返済では毎月の支払い額は48,486円、総利息は160,961円になります。
ノーローンは最小返済額が30,000円で、47カ月で完済、総利息は381,353円。2年返済での毎月の支払い額は49,636円で、その総利息は191,240円になります。

銀行系カードローンが圧倒的に支払い総額は高いと思っていたものの、比較してみるとノンバンク系のアコムが低く済んでいます。無利息期間の適用があれば、さらに低くなります。
毎月の返済額がほかよりも多かったため、最も低い結果になりましたが、一概にノンバンク系が高いと言えないのはお分かりいただけたでしょうか。

無視できない返済手数料の問題

融資金額が大きくなってくると、利息を抑えようとして金利の安さを重視し、0.1%でも安いところを探そうとしてしまいがちです。しかし、金利は安くても実は返済手数料がかかってしまい、結果的に金利が高いところの方が安くなったということもあります。
例えば、任意返済をする際、三井住友銀行では返済時のATMの手数料は一部を除いていつでも無料ですが、みずほ銀行の場合、返済時に108円から216円の手数料がかかります。
返済期間が長ければ長いほど、手数料を多く支払うことになるため返済計画次第では、手数料も金利と同じくらい重要な要素になってきます。
借入先を決める際は、金利だけでなく、各社の手数料の有無についてもしっかり確認しておくことが大切です。

即日100万円融資ページ一覧