• TOP
  • 即日100万円融資

判断材料を基にお金の借り方を考えよう!

今すぐにどうしても100万円という大金が必要、ということはそうそうあることではありませんが、長い人生なにが起こるか分からないものです。仮にこういった状況に出くわしたとなると、よほどの貯蓄がない限りお金を借りることになるでしょう。また、このような大金を借りるとなると、金融機関からの借入を検討することと思います。借入方法を検討する際は、キャッシング、カードローンの両方を視野に入れて検討すべきです。
そこから、年収や自身が望む返済額、利息を判断材料にして、キャッシング、カードローンのどちらを選べばよいのか決めましょう。
例えば、年収が多い方の場合は、銀行カードローンがおすすめです。なぜなら、年収が多いと融資限度額が多くなります。そして、融資限度額が高ければ利率も低くなるためです。

即日融資が可能な金融一覧

下の表は、審査に通れば、即日で100万円の借入ができる銀行と消費者金融です。

会社名 無利息期間 最短即日借入 パート・
アルバイト
学生 審査(分) 入金までの
時間
三菱東京UFJ銀行 × 最短30分 最短40分
三井住友銀行 × 最短30分 最短1時間
オリックス銀行 × × 最短30分 最短即日
みずほ銀行 × 最短30分 最短即日
新生銀行 レイク ○(2種類あり) 最短30分 最短即日
アコム ○(最大30日間)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
最短30分 最短1時間
プロミス ○(最大30日間)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
最短30分 最短1時間
アイフル ○(最大30日間)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
最短30分 最短1時間

※審査・入金までの時間は最短の時間を表記しています。契約内容や申込み時間等により変動することもありますので、その点はご了承ください。

学生やパート・アルバイトの方への融資は可能となっていますが、借入希望金額を100万円と高額に設定すると、審査に通るのは難しいでしょう。消費者金融からの借入の場合は、総量規制(年収の3分の1以上の貸付が禁止)の対象となるため年収300万円以上ないと100万円の借入はできません。
また、新生銀行レイクと消費者金融系は、初めて利用する方を対象として、無利息期間を設けています。

金融機関から即日100万円を借入できる条件

では、即日で100万円の融資を受けるとなるとどういった条件になるのか、上記の表のオリックス銀行・アコムの2社で条件を見てみましょう。

○オリックス銀行の場合
・申込み時の年齢が満20歳以上65歳以下である
・毎月安定した収入があること(専業主婦(主夫)、学生、年金受給のみの方は除く)
・日本国内在住であること
・指定口座がジャパンネット銀行の場合は、いつでも即時振込可能
 それ以外の口座の場合は、平日8:40~15:00の受付分のみが即日振込の対象

○アコムの場合
・申込み時の年齢が満20歳以上
・毎月安定した収入があり、総量規制の対象のため年収が300万以上であること
・インターネットからの申込み(24時間365日受付)
・平日14:00までに必要書類を提出(運転免許証または健康保険証やパスポート)
・100万円の借入の場合は収入証明書が必要

このように2社でも条件は異なります。実際、借入する場合には各社の情報をしっかり確認しましょう。

キャッシングのオプション

消費者金融は確かに金利が高めですが、消費者金融ならではの強みがあります。それは「無利息期間」というものになります。先程、少し無利息機関について触れましたが、これは業者が定めた条件を全て満たした方に適用されるもので、一定期間内利息が発生しないというものになります。(期間は業者によって異なる)
アコムの場合は、初契約・返済期日を35日ごとで契約・無担保カードローンでの契約、という条件を全て満たしていると、30日間の無利息期間が適用されます。もし、この期間内に返済できなかった場合は残額に対して通常の利息が発生します。
こういったオプションを利用すれば利息を少し抑えることもできますので覚えておくとよいでしょう。

キャッシングの利用を検討する際は、こういったものを加味して自分に適しているものはキャッシングなのかカードローンなのか判断することが非常に重要となります。

即日100万円融資ページ一覧