キャッシングとは?

一般的な会社に勤め、毎日ごく普通に働いて生活をしていても、気づいたら給料前に生活費がピンチ!ということはありませんか?
家族や友人に心配や迷惑をかけたくない、という責任感の強い方は、自分の力でこのピンチを切り抜けましょう。
そんな時に頼りになるのがキャッシングです。キャッシングについて詳しくないという方のために、解説します。
キャッシングとは、「金融機関が個人に対して行う、現金自動支払機による小口融資」のことで、最近では、いわゆるATMだけでなくインターネットでもお金を借りたり返済したりすることができるようになりました。決まった時間までに申込みすれば即日借りられたり、在籍確認の代わりに証明書を提出することにより免除されたり、金額によっては収入証明の必要もなく、早くて手間もかからない大変便利なシステムになっています。
もちろん各会社によってATMの数や場所が異なり、審査基準も違いますので、自分にあったところを選びましょう。

キャッシングで借入できる金額はどのくらい?

キャッシングには限度額があり、好きなだけ借入できるわけではありません。返済を前提に貸すわけですから、借りる人にどのくらいの収入があるのか、つまり”年収”が貸付限度額を決める基本となります。

消費者金融などの貸金業者へキャッシングの申込みをすると、年収やこれまでの借入状況を含む信用情報などをもとに審査が行われます。審査に通過すれば、貸金業法のルールを加味して、利用限度額が決まります。
そのルールは、2010年に消費者金融などの貸金業者に、貸金業法の新しいルール「総量規制」が導入され、「個人向け」への貸付は年収の3分の1以上の原則禁止となりました。年収250万円の人が、A社で50万円を既に借りている場合、B社からは約33万円までしか借りることができません。

一方、銀行系カードローンには「総量規制」は適用されないため、年収の3分の1というしばりはなくなります。それぞれの会社に規定があり、一般的に勤続年数が長く、年収の高い正社員は利用限度額が高くなりやすいとされています。他社からの借入がある場合はやや限度額が下がるでしょう。非正規労働者や勤続年数が短い方、既に借入がある方は、消費者金融よりも限度額が低くなってしまうこともあります。また、低金利で借入できる銀行系カードローンは審査が厳しい傾向にあるとも言われています。

総量規制に例外はあるの?

総量規制は、お金の借入をし過ぎて返済に困る人をなくそう、という目的のためできました。主に消費者金融の借入時に適用されます。では、銀行系カードローンでの借入以外に、総量規制に例外はあるのでしょうか?
例えば、「おまとめローン」を組む場合は、総量規制の対象外となり、年収の3分の1以上の借入が可能となります。
多重債務に陥ってしまった支払いをひとつにまとめることができるだけでなく、低い金利でローンを組める可能性が高く、貸金業法において「顧客に一方的に有利な借り換え」と言えるのです。複数の会社から借入している場合は、おまとめローンや借り換えローンに変更しましょう。

お金の借入する際には、自分の年収に見合った金額で借入を行うための「総量規制」ができたように、無理のない金額で借入を行い、返済が滞ることのないようにすることがポイントです。

キャッシング限度額ページ一覧