周囲にばれずに今すぐ借りたいなら 即日融資ドットコム

お金を借りる時は、希望金額に応じて借り入れ先を賢く選ぼう!

お金の問題というのは、生きていくうえで必ずといっていいほど私たちが悩む種のひとつ。
そういった時の心強い味方が、消費者金融や銀行のキャッシングサービスです。

しかし、ただやみくもにお金を借りると、気づかぬうちに損をしてしまうかもしれません。今自分にどれだけの金額が必要なのか、その返済方法が今の自分に無理のないものなのかと、お金を借りた後の計画性をしっかり持って利用しなければいけません。

正しい選択

一口にお金を借りるといっても、借り入れ先は銀行なのか、消費者金融なのか、方法もキャッシングなのか、カードローンなのかと数々の選択肢があります。また、それに伴い返済方法も変わってきます。

まず、実際にお金を借りる前に、いま自分に必要な金額はいくらなのかを明確にしておくことが重要です。例えば、「来月になればまとまったお金が入るが、今月は生活が苦しい…。」といった状況に陥った時、必要な金額に応じてあなたに適した借り入れ方法が必ずあります。

この借り入れ方法の選択が、今後の生活に大きな影響を与える要因となることもあるのです。ひとつの例をもとに、どういった違いがでてくるのかを見てみましょう。

Aさんの場合

Aさんの場合

急な転勤で引っ越すことになったが、会社からの引っ越し費用の支給は引っ越し終了後。しかも貯金を足しても引っ越し費用を工面できない。
そんなときに、大手金融会社の無利息で5万円キャッシングできるサービスを知る。ちょうどいま必要な額で、即日対応も可能だったため、引っ越し作業も滞りなく済ませられた。また無利息期間中に引っ越し費用が入ることもわかっていたので返済もスムーズに終え、晴々した気持ちで新生活をスタートできた。

Bさんの場合

Bさんの場合

Aさん同様、急な転勤が決まるが引っ越し費用が足りない。
「お金を借りるなら銀行が安心」という先入観から、銀行からの借り入れを決めた。また、どうせ借りるならと少し多めに借りることに。だが、審査の時間が長く、融資されるまでに時間がかかった。その後の引っ越し作業も慌ただしいものにはなったが、なんとか完了した。必要以上に借り入れたため、半年経った今も借金は完済できていない。その上、高い利息まで払っていくことに。新生活は最悪のスタートになってしまった。

あくまで一例ですが、借り入れ方法の選択が後々ここまで大きな差を生むとはBさんも思いもよらなかったことでしょう。

年収で選ぶ借り入れ先

年収によっても借り入れ先を選ぶ必要があります。
日本の法律には「総量規制」という法律があります。これは2010年から貸金業法の1つとして新たに加えられた法律になります。これはいったいどういった法律なのでしょうか。
簡単にいいますと、貸金業者が個人にお金を貸す際は、年収の3分の1以上貸し付けてはならないといったものです。
例えば年収300万円の方は、貸金業者から合計100万円以上のお金を借りることはできません。これにより借金による破綻者を増やさないことを目的としています。ちなみに貸金業者とは、消費者金融やクレジットカード会社を指します。

なお、銀行は貸金業者ではありませんので、この総量規制の対象外となります。
ということは、銀行ならいくらでも借りられるの?といった疑問を感じる方もいることでしょう。
しかし、それは不可能です。というのも、銀行には利用限度額が存在するからです。これは銀行側が審査し、この方ならこのくらいまでなら貸せる、といった具合に決めます。審査基準は、年収、他社からの借り入れがあるのか(ある場合はいくら借り入れているのか)、職業、勤続年数といったものになります。

そして、銀行カードローンは利用限度額が高いほど低金利になっていきます。ですから、年収が高い方には銀行カードローンがおすすめです。年収は少ないけど利息は抑えたいという方は、消費者金融の無利息期間を利用するのもひとつの手段です。お金を借りる前には情報収集と、その情報を比較してみることが大切なのです。

このサイトでは、主にみなさんの希望する金額帯に適した借り方をご案内いたします。
また、利息のシミュレーションや、返済方法の説明などのコンテンツもご用意していますので、ぜひ参考にしてみてください。

融資金額一覧

  • 即日融資 小額なら
  • 即日融資 1万円なら
  • 即日融資 2万円なら
  • 即日融資 3万円なら
  • 即日融資 4万円なら
  • 即日融資 5万円なら
  • 即日融資 10万円なら
  • 即日融資 20万円なら
  • 即日融資 30万円なら
  • 即日融資 50万円なら
  • 即日融資 100万円なら
  • 即日融資 200万円なら
  • 即日融資 300万円なら
  • 即日融資 500万円なら
  • 即日融資 1000万円なら